FC2ブログ

水玉模様にぞっこんLOVE ♪

梅雨のない札幌のハズなのに、


ここしばらく雨が降り続いて、


とうとうお庭にもダメージが出てきてしまいました。


キノコが生えたり、

CIMG6126.jpg

もう散らかり放題・・・。

CIMG6108.jpg

お庭に詳しいお姉さんに助けてもらって、


お手入れがしやすくて、


植物が病気になりにくいお庭にリニューアルしました♪

CIMG6132.jpg

タイムやクローバー、ミントなどを丸くカットして、


水玉模様になったお庭に胸キュンが止まりませんよ~♡


ベスト オブ まる

CIMG6133.jpg

私が連日の雨にくじけている間に、


ブルーベリーが実をつけてくれていました♪

CIMG6112.jpg

ワイルドストロベリーも、


赤色が可愛いイチゴの実をつけて、


お庭を彩ってくれていました♪

CIMG6123.jpg

ホオズキの赤ちゃんもキュートだね♪

CIMG6122.jpg

植物のパワーには、いつも感動させられっぱなしです。


剪定やお手入れを毎日しっかりして、


水玉模様に磨きをかけていきたいです♪


ありがとうございました。


にほんブログ村

『医薬研究者のための統計記述の英文表現』

奥田千恵子先生の『医薬研究者のための統計記述の英文表現』を読みました。



主要医学論文から抜粋された例文が数多く挙げられていて、


その例文を読みながらひとつひとつ統計の勉強をしていける本です。


今まで読んできたどの統計本よりも深い説明が載っていますが、


奥田千恵子先生の綺麗な日本語訳や、わかりやすい解説のおかげで


楽しく読み終えることができました。


ICHガイドラインに出てくるような研究の決まり事や


統計用語の説明のほかに、


さまざまな解析法が例文を基に説明してあるので、


例文の対訳集をつくっておけば、


統計の翻訳が少し楽になりそうな気がします。


いろいろな医学誌の論文を、部分的にですが、


和訳付きでどんどん読める本はなかなかないと思うので、


もう一回じっくり読もうと思っています。


今の時点で、私が一番オススメする統計勉強法は、


1,いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソシリーズ、



まずはこの本で基本用語を学びます。


統計に苦手意識を持つことなく、楽しく学べます♪


2,「医学統計英語」わかりません!!、



こちらで統計と医学論文のアブストラクトを結びつけて学びます。


3,医薬研究者のための統計記述の英文表現、



今回、記事に書いた本です。


例文を用いながら実践的に統計を学んで、


対訳集をつくっておくと役に立つかもしれません。


この本のおかげで暗黒面の統計ゾーンに


ちょっぴり明かりがともった気がします。


ありがとうございました。


にほんブログ村

だめだめな現実を認める

ある雑誌に、毎日12時間勉強して、


5000時間の学習時間でほんやく検定1級に受かり、


医薬翻訳のお仕事をするようになったお坊さんの記事があります。


私はそのお坊さんの頑張りぶりが大好きで、


何度も何度もその記事を読んでいます。


その中のお坊さんの勉強方法のひとつに、


「1日1報のアブストラクトの翻訳」というのがあって、


真似しよう真似しようと思いつつ、実際にはなかなかできていません。


お坊さんは家族を養いながら医薬翻訳者を目指していたので、


一日中お寺の仕事やアルバイトを掛け持ちしながら、


12時間勉強していたのに、


私は平日主婦で時間があるはずなのに、


1日1報のノルマも達成できないトホホな状況に


毎日焦っておりました。


そんなお坊さんと自分を比べてしまう心から、


アブストラクトの医薬翻訳トレーニングでは、


とにかく1日でやり切ろう!と意気込んでしまい、


あわてんぼうのかたまりとなり、


調べ物が甘くなって、


答え合わせで勉強すれば良いんだと言い訳してみたり、


その答え合わせも、


翻訳するのにパワーを使い切ってしまって


おざなりになってしまったり・・・


だめだめな日々を積み重ねていました。


それでも、アブストラクトでトレーニングをしていれば、


いつかお坊さんみたいになれるはず!という根拠のない自信で、


だめだめな現実から目をそらしていました。


でも、最近になって急にだめだめじゃだめだめと気づきました。


1日1報!というノルマは今の自分には無理なことを認めて、(悔しいけどね)


時間をちゃんとかけて、調べ物や答え合わせをじっくりしっかりやっていこう。


その方が自分のためになる!と改心しました。


まずその第一歩に、答え合わせのときに、


意味を間違えて捉えていた文や、


調べ方が甘かった用語、


訳例が素晴らしい文などを


間違いノートに書いていくことにしました。


私にとってノートに書くのが一番身につく勉強方法なので。


あせらず、自分の能力から目をそらさずに、


一歩一歩前に進んでいきたいなって思います。


お坊さん、待っててね。(何を?)


ありがとうございました。


にほんブログ村

エグゼクティブスイート @ 望楼NOGUCHI登別

登別温泉の『望楼NOGUCHI登別』さんにお泊まりしてきました♪


札幌から登別までの道すがら、


お昼休憩に支笏湖に寄りました。

CIMG6037.jpg

お天気が良くて気持ちよかったので、


お外でホタテバーガーをいただきました。

CIMG6038.jpg

ホタテバーガーなんて珍しい!と思ってウキウキ注文しましたが、

CIMG6040.jpg

「前も食べてたで」とだんなさんがポツリとつぶやいておりました。


かわいそうな目で見るのはやめてちょ~。


森の中や海沿いを2時間ほどドライブすると、


登別に到着しました。


チェックイン時間よりもちょっぴり早めに着いたので、


待ち時間にフリードリンクを楽しめるラウンジに案内されました。

CIMG6096.jpg

ソファーが低反発でできていて、


癒やされる音楽を聴きながら、ゆったりくつろぐことができました。


いよいよお部屋へ。


ラッキーなことに、案内の方から


「予約のお部屋よりも大きいお部屋をご用意させていただきました。」


とのお言葉♪

CIMG6047.jpg

思った以上に広いお部屋で、びっくりラッキー♪


お部屋についている源泉掛け流しのお風呂も

CIMG6058.jpg

4人でもゆったり入れるような大きさでした。


お風呂にゆっくり入ってベッドでゴロゴロしたり、


お部屋にあったマッサージチェアのパワーの強さに死を覚悟したり、


お部屋からの景色を楽しんだりしているうちに、

CIMG6051.jpg

あっという間に夕食の時間に♪


夕食、朝食ともにレストランの個室でいただきました。


こちらも眺めが良くて、川のせせらぎが聞こえて、


素敵な時間を過ごせました。

CIMG6059.jpg

盛り付けも味も素晴らしい前菜や

CIMG6065.jpg

やわらかい登別産の牛肉や

CIMG6076.jpg

花火をイメージさせるスイーツなど、

CIMG6079.jpg

五感フル活動でご馳走を楽しむことができました♪


夜もいつもとは違う空間に感謝しながら幸せ気分でゆっくりしていると、


何故か無表情でのぞき見てくるだんなさん。


もしかしてこの部屋はお化け的ないわく付きのお部屋で、


だからここに変更になったのか?


だんなさん・・・あんた、とりつかれてしまったのか?と恐れおののいていると、


「ひょっこりはんのモノマネしてるのに、わからなかったのかい~」と


プンプンしながら言いおりました。


「え~わからなかったし、怖かった~」と正直に話すと、


「それじゃ、wakakoがやってみてよ~」と、まさかの無茶ぶり・・・


エグゼクティブスイートルームで、


まさかの全力本気のひょっこりはんをやりました・・・


だんなさんの本気のうろたえた目も見ることができました・・・


そんな感じで一日を過ごして、


次の日の朝食。


5種類のお飲み物。

CIMG6084.jpg

地産地消のお料理。

CIMG6088.jpg

なんか美味しいもの。

CIMG6089.jpg

ゆっくりめの12時にチェックアウトだったので、


たっぷり温泉とお部屋を楽しんで、


後ろ髪を引かれる思いで札幌に帰りました。


お部屋の一番お気に入りだった場所。

CIMG6082.jpg

緑を見ながら、


普段は日常に追われてなかなかじっくり考えられないような


あれやこれやを考えることができました。


だんなさんに大感謝です。


ひょっこりはんデビューもさせてもらったしね。


ありがとうございました。


にほんブログ村

『これならわかる!英語冠詞トレーニング』

『これならわかる!英語冠詞トレーニング』を読みました。



メディエイゴで英作文の問題を解いていると、


もやもやしちゃうのがtheをつけるのかつけないのかどっち問題。


文法書を勉強すると、冠詞ゾーンはあるのだけれども、


一冊まるまる冠詞の説明がしてある本を読んでみようと思い立ちました。


この本では、可算名詞と不可算名詞の使い分け、


単数と複数の使い分け、


定冠詞と不定冠詞の使い分けの説明がしてあります。


冠詞の基本的な考え方とイメージはわかった気はしましたが、


この一冊読んでみても、theのもやもや問題は解決しませんでした。


地道にtheに注意を払いながら医学論文を多読していくのが


一番の近道なのかな~と思ったりしています。


この本の参考文献に載っていた『例文詳解 技術英語の冠詞活用入門』、



こちらも読んでみようかとも思っています。


もやもやの「もや」が少しでも取れることを祈って・・・。


ありがとうございました。


にほんブログ村

09 | 2019/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

wakako

Author:wakako
札幌在住の医薬翻訳者になりたい主婦です。
土日に受付のお仕事をして、
平日に勉強をしています。
よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR