FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『とってもやさしい化学基礎』

医薬の本を読んでいると必ず出てくる化学式に


少しでも苦手意識を持たないようにするため、


『とってもやさしい化学基礎』を読みました♪



この本は、中学の内容も含めて


ゼロから説明してあるので、


バリバリ文系の私でも


落ちこぼれることなく読み終えることができました。


一つの項目ごとに穴埋め問題と


ちょっぴりレベルアップした問題が出てきます。


説明を読んでいるだけでは、


あ~やっぱり化学と私との間には壁があるのよね・・・と、


たばこチョコをくわえたくなってしまいます。


そんな絶妙なタイミングでシンプルな問題が出てきて、


解答の仕方のお手本を見ながら


手を動かして解いていくうちに、


さっきまで脳みそボーン10秒前だったのが、


不思議と内容が頭に入ってきて、


やる気も戻ってきました。


この本に出会っていなかったら、


一生化学を放り投げていたかもしれません。


化学アレルギーもちょっぴり良くなって、


医薬翻訳者デビューに一歩近づけた感じがしてきた矢先に、


新たな問題発生!


まいっちんぐ統計・・・。


以前からプロの医薬翻訳者さんの記事などを読んでいると、


「統計が苦手」という、


かっちょいいワードをチラチラ目にしておりました。


「統計?なんかわかんないけど、


私にはまだまだ関係ないようなことかな?」と思っていました。


あっま~い!あますぎるわよ~!!昔の私!!!


トライアリストも後半に入ってきたり、


NEJMのアブストラクトでトレーニングを始めると、


宇宙へのメッセージ的な文がたまに、


でも確実にチラホラと出没し始めました。


頼みの綱の訳例を見てみても、わけわかめの極み。


そう・・・多分だけど、それが統計の用語だったり、


言い回しだったりするものだと思われます。


統計のお勉強は、お仕事デビューしてからでも遅くないと思っていたのに、


おろおろマックスですよ・・・。


そんな折、『医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック』に、



「医学翻訳をやるなら医療統計からは逃げられません。」


とのお言葉が。


遅かれ早かれしなければいけないのなら、


この勉強期間中にちゃんと向き合うことを心に決めました。


まずは医療統計がどんなものかを知るために、


『いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ』を


読んでみようと思います♪



『医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック』では、


『宇宙怪人しまりす医療統計を学ぶ』と



『医薬研究者のための統計記述の英文表現改訂3版』が



オススメされていました。


ありがとうございました。


にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

wakako

Author:wakako
札幌在住の医薬翻訳者になりたい主婦です。
土日に受付のお仕事をして、
平日に勉強をしています。
よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。