FC2ブログ

英文を読む量が足りていなかったの恐怖・・・

お皿がいちま~い


お皿がにま~い


お皿がさんま~い


・・・


英文を読む量がいまいち足りな~い!


夏らしく怪談風に・・・ちょっぴり苦手だけどね・・・後ろに誰もいないよね。


そんなわけで、ほんやく検定の勉強を始めたら、


問題集の解説のおかげで自分の弱点が浮き彫りになってきました。


一文一文に集中しすぎて、


文章全体を見渡した訳ができておりません。


これって多分、まとまった英語の文章を読む量が足りていないことが


原因なんじゃないかと思いました。


トライアリストやメディエイゴでは独立した英文1文ずつの勉強。


NEJMの翻訳トレーニングでは調べ物とか意味を理解するのに時間がかかって、


そんなにサクサクたくさんのアブストラクトを読んでいるわけではなかった。


医薬の基礎知識を得るために


どちらかというと日本語の教材を読んでいる方が多かった・・・


気づかぬうちに英文浦島太郎状態になっておるよ~!


というわけで、リーディングのスピードと理解力を上げるために


『日経サイエンスで鍛える科学英語 医療・健康編』を読み始めました♪



この本では『日経サイエンス』という科学雑誌に掲載されている


健康科学コラム「The Science of Health」の主要記事が


訳文とあわせて読むことができます。


まだ1記事目を読み終わったばかりですが、


文章の長さと英語の難易度が私にはちょうど良く、


英文の右側に語注がついているので、


ストレスなくどんどん読み進められます♪


何より内容が面白いんです!!


1記事目は「快楽飢餓と闘う」というタイトルですが、


体に必要ないのに甘いものや脂肪分たっぷりのものを食べたくなるのは、


脳みその中にある、麻薬にはまってしまう領域と同じ


報酬回路が反応してしまうから・・・というような内容で、


ふわふわのクリームたっぷりパンケーキを食べたくなっちゃうのは、


そういうわけだったのか~!と痛感しながら読むことができました。


全部で20記事ありますが、どれも身近にある興味津々の内容で、


楽しみながらリーディング力をアップできそうです♪


例えば、「プチ断食は健康によい?」、


「老化を止められるか?」、「危うい薬の飲み合わせ」、


「がん遺伝子検査のいま」などなど。


医薬翻訳の勉強に追われて忘れかけていたけど、


私はこういう健康ものの本を読むのが大好きだったから


翻訳の分野を医薬に決めたのでした。


そのときのワクワクした気持ちを思い出すことができました。


パンケーキを食べたい気持ちも思い出してしまいました。


医薬翻訳の勉強も2年目に入って、モチベーションを維持するためにも、


この本のような楽しい!と思える教材を探しながら、


勉強を積み重ねていきたいなって思いました。


ありがとうございました。


にほんブログ村

スポンサーサイト



ほんやく検定に向けて勉強を始めました♪

来年の1月に、ほんやく検定(メディカル)を受けようと思うので、


『JTFほんやく検定公式問題集』を勉強し始めました。



この本には、ほんやく検定の情報や翻訳アドバイス、


模試が2回分など入っています。


ほんやく検定を受けるにあたって、


自分の実力よりも何よりも、


パソコンを使って自宅での受験ということで、


その未知なる試験方法に恐れおののいておりました。


できれば自分の辞書環境を使ったり、


秀丸上で翻訳作業をしたい・・・


それが試験のときにできるのか、できないのか・・・


パソコンとあまり仲の良くない私にとって、


それが一番の不安の種でした。


そんななか、この問題集には画像付きで受験の手順が説明されており、


試験の前にパソコンの動作確認もできるとの説明もあり、


いつもの翻訳トレーニングの感じで受験できそうなので一安心しました♪


たぶんね・・・・。


この本には基礎レベルの模試が1回分、


いろいろな分野の実用レベルの模試が2回分入っています。


私は、基礎レベルと、実用レベルの医学・薬学のところを


勉強していこうと思っています。


まだこの本で勉強を始めたばかりで試行錯誤中ですが、


受験はパソコン上なので、


最初に本にある試験問題の英文をパソコンに入力して、


パソコン上で翻訳の練習をしています。


自分の訳を訳例と見比べたり、解説を読んだりして


う~ん、う~ん・・・脳みそボーン!としてから、


注意する必要があることをノートにメモして、


最後に対訳集をつくっています。


日本翻訳連盟さんのサイトで19回分の過去問を販売しているので、


できれば全部同じように勉強して、対訳集をつくりたいなって思っています。


この本の受験者の声に掲載されている


1級に合格した方のアドバイスに、


「普段から受験する分野の文章を多読し、


新しい情報に目を通しておくことが大切だと思います。」


と書いていました。


今まではNEJMのアブストラクトを過去のものから選んで


翻訳トレーニングをしていましたが、


しばらくはトレーニングはほんやく検定の問題に集中して、


NEJMでは毎週掲載される最新のアブストラクトを4報ずつ、


しっかりと読んでいきたいなって思っています。


試験まであとちょうど半年!


こつこつ努力していきたいなって思います♪


今年も冷やしラーメンはじめました♪

CIMG6201.jpg

ありがとうございました。


にほんブログ村

メディエイゴを始めました♪

トライアリストを一通り終えて、


ちょっぴり燃え尽き症候群になりそうだったので、


メディエイゴの中にある


「気楽に1分~脳に染み込む医学論文・頻出単語!」


の勉強を始めました♪


医学論文によく出てくる動詞100語を学べるサイトです。


1つの動詞に対して

1、論文での使われ方をチェック!
2、英作文に挑戦!
3、会話での使われ方をチェック!

と、3通りの問題と解説があるので、


まさに脳に染み込んでいきます♪


私は勉強しやすいようにプリントアウトしました。

CIMG5866.jpg

300ページ以上・・・結構大量になってしまいましたが、


ノートに問題文と自分の訳を書いてから、


じっくり解答と解説を読んだりしているので、


プリントアウトして良かったなと思っています。


トライアリストでは和訳の勉強だけしていましたが、


メディエイゴでは英作文の問題もチャレンジしています。


問題が基本的なモノというのと、


トライアリストやNEJMなどで医薬英語に触れてきたせいか、


意外にも良い感じです♪


例えば「・・・2型糖尿病患者・・・」という文が出てきたとき、


以前なら頭マッチロケ~だったのが、


「patients with 病名」とピロピロリン♪とすぐ頭に浮かんできて、


自分でもビックリ!& か・い・か・ん♪


あまりにも嬉しくて、翻訳トレーニングのときに


英文を前よりもしっかりと意識しながら読むようになりました☆


そんな感じで、とても楽しく勉強できそうな教材です。


ファイリングしたものが結構重たいので、


このオレンジ色が可愛いブックフォルダーに

CIMG5868.jpg

ガッシリ挟んで勉強しています。

CIMG5873.jpg

100語、頑張ります!(今はまだ4語目・・・)


ありがとうございました。


にほんブログ村



トライアリストで気づいたこと ~3冊目~

トライアリストの和訳基礎講座、


1000文のノートづくりが終了しました♪

CIMG5822.jpg

トライアリストを始めたときは全くのゼロからのスタートで、


途中挫折を繰り返しながらも、


1000文の翻訳練習をすることで、


少しずつ背が高くなっていく木を飛び越えて、


ジャンプ力をつける忍者の修行のように、


医薬翻訳に慣れることができました。


NEJMのアブストラクトの翻訳トレーニングをしているときも、


専門用語などは調べればすぐ訳せるのですが、


文全体の構成や日本語の言い回しなどは、


ふと気がつくとトライアリストで学んだ日本文や


先生の解説の言葉が頭に浮かんで、


ありがたみを実感しています。


一通りノートづくりをしただけなので、


もう少し自分の中にこの1000文を定着したい気持ちが大きいです!


本当はもう一度最初からノートづくりをしようかと迷いました。


最初は復習しやすいようにノートをつくろう!と始めましたが、


手を動かしながら作業するノートづくりそのものが


一番頭に定着する、自分に合った勉強法だと今回気づきました。


ただ、ちょっと間にワンクッション置きたい気持ちもあって、


次はこの1000文の対訳集を作ろうと思っています。


翻訳トレーニングのときに活用したり、


勉強の教材に使用できるかなと期待しています。


私の医薬翻訳人生の礎となってくれたトライアリストに感謝をしつつ、


引き続き勉強を頑張っていきたいなって思っています。


ありがとうございました。


にほんブログ村

参考文献の探し方♪

私の場合、医薬翻訳のトレーニングをするとき、


翻訳に取りかかる前に読む参考文献が


良いものに出会えたかどうかで


翻訳時間や質が全然変わってきてしまいます。


なので、私にとって参考文献探しは


翻訳そのものより大切だったりします。


今月に入り、運命の出会いをしてしまいました・・・


その名も「PDFファイル」!!


いつもは医療系のサイトやお医者さんの書いたブログなど、


とりあえずトレーニングする内容に近いものを読んでいました。


先日、直腸癌の記事の参考文献を探しているときに、


検索結果の上の方にたまたまPDFファイルのものが多く表示されました。


いつもは、PDFファイルは開くのに少し手間がかかるので避けていたのですが、


タイトルや内容がとても良さそうなので、


2つほどプリントアウトして読んでみました。


・・・PDFファイル・・・あんた、最高だよ!


サイトやブログの情報と違い、


専門家の方が書いた医学論文が多く、


しっかりとした文章で専門用語や医学知識を得ることができます。


そのおかげで、翻訳がかなりすんなりとできるようになりました♪


トレーニングの参考文献として読んでいますが、


それ自体とても勉強になるものばかりなので、


一石二鳥感がハンパありません!!


でもやっぱり、ものによっては難しすぎたりするので、


自分のレベルにあったものを選びたいですよね。


でも、検索して、いろいろな情報の中から


PDFファイルを探すだけでも一苦労。


そこで!思い出しちゃいましたよ~!


遠い夏の日の恋を・・・


じゃなくて、PDFファイルだけ検索対象にする方法が


私の翻訳救世主本、「翻訳スキルハンドブック」に載っていたことを~!



方法をブログに載せていいのかわからないので、自粛します。


本にも、


「PDFファイルは、企業や組織のレポートや契約書など、


いわゆる『正式な文書』に使われるケースが比較的多いので、


正確性の高い情報が得られる傾向にあります」


と書かれてありました♪


これからPDFファイルを参考文献にして、


翻訳トレーニングをますます楽しく続けていって、


医学知識もたくさんつけていけたらいいなって思っております。


あとね、今日はすっごくウキウキウォッチングな日でしたよ~!


なんと高橋聡さんの動画配信、


「翻訳者のための辞書セミナー


~辞書引きから訳文作りの実践へ~」


を申し込んでしまいました~(鼻血ブー大サービス)!


3月中は仕事を頑張ったので、


何か自分にご褒美をと考えておりました。


大好きなフランフランの少し良いワイングラスにしようかなと


思っていたのですが、


ワイングラスは全然いらんいらん!


高橋聡さんの講座が最高のご褒美になりそうです♪


申し込みは今日までで、


4/14~5/6の間、何回でも視聴可能とのことです♪


また、1回だけメールで高橋聡さんに質問できるとのこと・・・


そんな~どうしよう~?!夜も眠れなくなりそうです☆


ありがとうございました。


にほんブログ村

10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

wakako

Author:wakako
札幌在住の医薬翻訳者になりたい主婦です。
土日に受付のお仕事をして、
平日に勉強をしています。
よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR