ICHガイドライン対訳集をつくりました♪

医薬翻訳者の森口理恵さんが雑誌等で、


「ICHガイドラインを日本語と英語で併読して、


用語メモを作っておきましょう。~効きます。」


と書いているのを前々からよく見かけていました。


医薬翻訳の勉強を始める前に計画表をつくっていたのですが、


ICHガイドラインの勉強・・・とは入れていたものの、


とてつもなく大きな壁に見えて、なかなか手をつけられずにいました。


でも最近になって、だんだんと基本的な本も読み終わり、


翻訳トレーニングで実践に近い形での勉強にも入ってきたので、


ICHガイドラインするならいつ?今でしょ!ということで、


おそるおそる始めてみました。


さっそく日本語版、英語版のサイトを開いてみると・・・


量がハンパなし!


内容もわけわかめご飯大盛り!


・・・う~ん・・・う~ん・・・へいどく・・・う~ん・・・、


と及び腰になっちゃいました。


そこで、以前に秀丸で対訳作成用のマクロをつくったときから


ICHガイドラインの対訳はつくろうと思っていたので、


まず対訳集をつくってから、それを読んでいけば、


併読も楽しくできるんじゃないかと思い立ちました♪


森口理恵さんが必読と書いていた

・「医薬品の臨床試験の実施基準(GCP)」(E6)
・「臨床試験の一般指針」(E8)
・「臨床試験のための統計的原則」(E9)
・「治験中に得られる安全性情報の取り扱いについて」(E2A)

と、どこかのサイトでオススメされていた

・「治験の総括報告書の構成と内容に関するガイドライン」(E3)

の対訳集をつくりました。


対訳はこんな感じ♪

CIMG5953.jpg

じっくり読むためにプリントアウトしました。

CIMG5952.jpg

全部で394ページありますよ~!


これから1ページずつコツコツ読んでいこうと思います。


対訳集は楽しく読むためにつくりましたが、


翻訳トレーニング中にも秀丸のGrep検索で


どんどん活用していけるといいな~とも思っています♪


E2Aだけヘッダーを失敗ダー・・・

CIMG5954.jpg

それでもいいんダー。


ありがとうございました。


にほんブログ村

スポンサーサイト

よく使う辞書

私が医薬翻訳トレーニングなどで一番よく使っている辞書は、


今は「英辞郎」と「ライフサイエンス辞書」の2つです。


ただ、せっかく単語を範囲指定してから


F1ボタンを押すと辞書ブラウザの検索窓に、


F2ボタンを押すとGoogle検索窓に、


自動的に単語が入力される仕組みにしているのに、


この2つの辞書だけその良さが全然いかされていませんでした。


ピカイチよく使うのに・・・。


英辞郎もライフサイエンス辞書もオンライン辞書なので、


Google検索でサイトを開いてから、


検索窓に改めて単語を入力しなければなりません。


ちりも積もれば本当に大変な作業です。


キーキーしながら見つけ出したのが、


Google検索するときに、単語の後ろに


「英辞郎」とか「ライフサイエンス辞書」と入力して検索すると、


サイト内の検索窓にすでに単語が入力された状態で


サイトが開くというもの。


これもいちいち「英辞郎」とか「ライフサイエンス辞書」と入力する手間に


鼻息フンガー!となっていました。


さらに考え出したのが、「英辞郎」を「ぷえ」、


「ライフサイエンス辞書」を「ぷら」と単語登録して


入力する手間を少しでも減らす方法。


「ぷ」で始まる言葉は少ないので。


それでも手間が気になって、


ムキキー!何か良い方法ないか~い!となっていました。


そんなとき、いつもいろいろと参考にさせてもらっている


医薬翻訳者さんのリスノさんのブログで


ライフサイエンス辞書2018を購入したという記事を読んで、


私も購入してみました!


おかげでEBWin4でライフサイエンス辞書が使えるようになり、(感謝です!)


F1ボタンひとつ押すだけで検索できるようになりました♪


さらに、英辞郎もEBWin4のWeb検索に登録してみると、


・・・できたで。


これで、英辞郎もF1ボタンひとつで検索できるようになりました♪


今までイガイガしていただけになおさら、


快適に検索できるようになったのがありがたくて、


単語を調べるのが楽しくて仕方なくなりました♪


ただ、翻訳修行中のうちに英英辞典や類語辞典、


ほかの辞書もちゃんと読めるようになりたいので、


この2つだけに甘えることなく、


幅広く辞書を検索したり、読む練習をしていきたいなって思っています。


あとね、イガイガもほどほどにしないとね。


大好きなリサ・ラーソンの展覧会が芸術の森で始まったので、


さっそく行ってきました♪

CIMG5881.jpg

心にたっぷり栄養をもらってきました☆

CIMG5883.jpg

ありがとうございました。


にほんブログ村

単文化マクロの改良♪

翻訳作業や対訳集作成には、


秀丸の単文化マクロが大活躍しています。


単文化マクロとは、例えばこのような文章?があったとすると、

CIMG5632.jpg

ボタン1つ押すだけで、1文ずつ改行されるものです。

CIMG5633.jpg

ただね、英文の場合、半角ピリオドを目印に改行するようにしてあるので、


o.2とかe.g.などの小数点や略語までも改行されてしまいます。


これまではワード数の少ないNEJMのアブストラクトを使った


翻訳トレーニングに使用するだけだったので、


手作業で修正していました。


ところが、どっこいしょ~!!


最近になってICHガイドラインの対訳集を作り始めたのですが、


文章がとんでもない長さで、


もうのんきに手作業で修正!根性見せたるど~!なんて


言っていられない事態に!


・・・もうE2AとE3は手作業地獄してしまったけれどね・・・ごめん~!


そんな地獄も体験したところで、


単文化マクロを改良しました♪


今までの1文ずつ改行する置換の正規表現。

検索語:(¥.)([^¥n])
置換語:¥1¥n¥n¥2

いつものとおりにアワアワ祭りを経て、改良した正規表現。

検索語:(¥.)+ ←半角スペースが入っています
置換語:¥1¥n¥n

これで小数点や略語のピリオドでは改行せず、


文末のピリオドでのみ改行するようになりました。


あとね、文と文の間の空白行が


ICHガイドラインの場合だと何故か


入っていなかったり、多く入っていたりするので、


以下の作業も単文化マクロに入れました。


空白行を削除する正規表現。

検索語:^¥n
置換語:何も入力しない

1つずつ空白行を入れる正規表現。

検索語:¥n
置換語:¥n¥n

この1文ずつ改行~空白行挿入の一連の流れを


新しい単文化マクロに収めました。


ICHガイドラインの文章も


新しいマクロをかけた方が間違いがなくて、綺麗なので、


結局、何時間もかけて手作業で修正したファイルは削除して、


マクロで作り直しました・・・ものの10秒もかからず・・・。


人生・・・楽ありゃ苦もあるね・・・。


今日の札幌はものすごい吹雪です。


そして、そんな日に楽しみにしていた美容室に行く私。


人生・・・楽ありゃ苦もあるね・・・。


コロンコロンのサツマイモを見つけたので、

CIMG5613.jpg

焼き芋にしていただきました♪

CIMG5617.jpg

ありがとうございました。


にほんブログ村

見やすさアップ♪ @ ワードマクロデビュー

四苦八苦の末、対訳集を作る環境が整って、


(四苦八苦の経過→自作対訳集づくりの環境が整いました♪


対訳集の使用方法に夢が広がるばかりでした。

1,翻訳中にgrep検索で使う
2,プリントアウトして、対訳形式で音読練習する
3,翻訳トレーニングで自分の訳文と見本の訳文を見比べるときに使う
4,自作辞書に入力する単語や表現を選ぶときに使う

などなど、ウキウキマックスでした♪


さっそく秀丸で作った対訳集第1号目をプリントアウトしてみました!

CIMG5508.jpg

え~ん!読みづらさ日本一!!


原因は、grep検索できるように英文と日本文を1行にまとめたのと、


エクセルに落としたときに1セルに1文ずつ入るようにタブ区切りにしたためです。


仕方ないとはいえ、こんなゴチャゴチャ大魔王な見栄えに・・・


これじゃあ、私と対訳集との夢の勉強ライフが、


いい人なんだけど、どうしても恋愛対象には見られないの・・・的な、


ちょっぴり残念なものになりそう。


せっかくだから、エクセルに落としてみる?

CIMG5503.jpg

見やすさも良い感じだし、


心配していた、ちゃんと1セルに1文ずつ自動的に入るのかも


バッチリ!一安心!


ただね、プリントアウトする前に、


罫線入れたり、列幅変えたり、


設定にちょっぴり手間が・・・


これじゃあ、私の彼氏ね、モテモテすぎて大変なの・・・的な


勉強前から面倒な感じに。


そこで、最近お世話になりっぱなしの本、


『あの手・この手の特許翻訳』をパラパラめくりました。


(まだちゃんと通しで読んでおりません・・・すんまそん)




この本の「コメント表を自作」という節に、


ワードマクロを作れば、


タブ区切りしてあるコメントが


マクロボタンを押すと、すぐにコメント表になるという説明がありました。


私にはコメント=対訳、コメント表=対訳の表に見えましたよ~!


本とにらめっこしながら、何とか表作成のワードマクロを作りました♪


本に載っているマクロの中に、


フォントサイズの変更と左寄せの操作も


オリジナルで追加しました。


ワードで秀丸の対訳集を開き、


(この時点ではまだゴチャゴチャ大魔王)


作りたてホヤホヤのマクロボタンをポッチリすると・・・


一瞬で素敵な対訳の表ができあがりましたYO!

CIMG5505.jpg

きれい&めちゃ簡単♪


気がつけば、トントン拍子にゴールインが決まっていた


運命の相手のよう・・・しつこいよ。


そんなわけで当面は、

秀丸で対訳集作成→grep検索に使用
ワードでプリントアウト→勉強の素材として使用

こんな感じで有効活用していけたらいいなと思っています♪


(上の3写真とも、NEJMのアブストラクトを引用)


ちなみに、最近の勉強状況は、

1,トライアリスト(ノートづくり) 1000文中869文目まで
2,トライアリスト(復習・1周目) 1000文中390文目まで
3,英文法解釈(音読) 293ページ目まで

あとは、NEJMのアブストラクトを使った医薬翻訳トレーニングや


翻訳や医薬関係の本を読んだりしております。


ありがとうございました。


にほんブログ村

自作対訳集づくりの環境が整いました♪ @ 秀丸エディタ

秀丸で対訳集を作成する環境を整えました♪


前回の記事→単文化 @ 秀丸マクロ+正規表現デビューでは、

1,日本文と英文をそれぞれ秀丸で開く→手作業(ネットからコピペ)
2,1行に1文ずつにバラして単文化→マクロボタンを押す

この2つをできるようにしました♪


今回は、最後のとりで、

3,英文→タブ区切り→日本文の形にまとめる

こちらを脳みそのシワシワをフル稼働して解決しました♪


どうやって?


マクロを3つ作りました♪

1,日本文の行全体を切り取り+貼り付けマクロ
2,英文と日本文の間の改行を消して、タブスペースを入れるマクロ
3,不要な空白行を消すマクロ

1は、秀丸ライブラリにあるほかの人が作ったマクロをいただきました。


ありがたや~


2と3は自作しました♪


ただキー操作を記録しただけだけどね!


3つということで、手間がかかりそうな感じがするかもしれませんが、


マクロをそれぞれ隣り合うFキーに割り当てて、


テンポ良く、ワン!ツー!ブルースリー!と押して操作するので、


結構リズミカルに対訳集ができあがります♪


対訳集では翻訳中にgrep検索したいのと、


(検索した用語に色がついていて見やすい!)


翻訳トレーニングの最後に対訳形式で


音読の練習をしたかったので、


(口の筋肉を使いたい!あちょー!)


今回PCの環境整備に取り組みました♪


せっかく苦労して対訳集づくりの環境を整えたので、


ICHガイドラインや薬局方などの対訳集も


少しずつ作ってみようかなと思っています♪


・・・などとウッキウキの記事風ですが、


最後の最後に問題発生!


本当の最後のとりでが待っていましたよ~(涙のリクエスト)


詳細は、こちらの記事で→見やすさアップ♪ @ ワードマクロデビュー


だんなさんが作ってくれたバラの花束。

CIMG5495.jpg

大好きなスナッフルズのチョコレートケーキ。

CIMG5489.jpg

ありがたや~


ありがとうございました。


にほんブログ村

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

wakako

Author:wakako
札幌在住の医薬翻訳者になりたい主婦です。
土日に受付のお仕事をして、
平日に勉強をしています。
よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR